仙台空港で輸出入貨物の蔵置、荷役などを行っている会社です。国際航空貨物の事は、仙台エアカーゴターミナル(SACT)にお任せ下さい。

1. 保税蔵置場(ほぜいぞうちじょう)とはなんですか?

税関長から許可を受けた倉庫上屋で、輸出入貨物の通関手続きが完了するまでの間、一時的に保管できる場所のことです。

2. 通関業者(つうかんぎょうしゃ)とはなんですか?

企業や個人の依頼で、輸出・輸入の申告、輸入に伴う関税の申告納付など各種通関業務を代行する業者のことです。

3. 貨物代理店(かもつだいりてん)・通称フォワーダーとはなんですか?

貨物利用運送事業者のことで、荷主から貨物を預かり、船や飛行機などの輸送手段を利用して、国際輸送などを行う業者のことで、通関業務や集配送業務なども行っている業者が多いです。

4. 共同保税蔵置場・共同保税上屋とはなんですか?
 (きょうどうほぜいぞうちじょう・きょうどうほぜいうわや)とはなんですか?

通常、輸出入する貨物は、あらかじめ保税蔵置場等に搬入し、蔵置を確認しないと税関での申告を受けることができません。このため、貨物代理店(通関業者)が税関に申告をして輸出入の通関手続きが完了するまでの間、貨物を保管しておく場所のことです。

仙台空港では当社以外に一般の輸出入貨物を取り扱っている保税蔵置場がありませんので、複数の貨物代理店が共同で利用できるという意味で「共同上屋」と呼んだりします。

5. 仙台空港ではどんな貨物が輸出・輸入されていますか?

輸出貨物では、自動車部品などの機械部品や,鮮魚などの生鮮食料品などが多いです。

輸入貨物では、機械部品や衣類、鮮魚や生花などの生鮮食料品が多いです。

6. 個人輸入をしたのですが、税関で料金を支払ったのに、なぜSACTでも料金を支払うのですか?

通常、税関で支払うのは輸入関税と消費税等であり、弊社で支払って頂くのは上屋での保管料や荷役料及び、冷蔵庫等を使用した際の特殊取扱料等です。

料金に関するお問い合わせは直接弊社までお尋ね下さい。

7. 海外から到着する貨物は、いつ引き取ることができますか?

海外から到着した貨物については、税関手続が完了していることを確認したうえでお客様に引き渡すことになっておりますので、あらかじめ税関手続が完了していることを通関業者又は航空貨物代理店などに確認してから貨物の引取りにおいで下さい。

また、食品や動植物など貨物によっては、税関手続開始の前に検疫などの手続が必要になる場合がありますのでご注意下さい。

尚、貨物の到着日時については、貨物を輸送する受託航空会社又は貨物代理店へお問い合わせ下さい。

8. 海外に貨物を送りたいのですが、どのような手続きが必要ですか?

航空機を使って海外へ貨物を送る場合は、税関の輸出手続と国際航空貨物運送状(Air Waybill:エアウェイビル)を発行する必要がありますので、詳しくは航空貨物代理店へお問い合わせ下さい。このほかに、税関の輸出手続も必要となりますが、輸出規制貨物に該当する場合には、税関手続の前に経済産業省などの手続が更に必要になりますのでご注意下さい。